FC2ブログ

落ち穂拾いブログ

記事よりもコメント欄にコンフィデンシャル情報満載!の中国ネタブログ。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2がつながった!

2010/09/07 Tue [Edit]

うっひょ~
おひさしぶりんこでございます。
中国からFC2がつながらなくなって幾年月。いたづらにアクセスしてみたら
つながったじゃないですかぁ!
あれまあ。

というわけで、また中国のトンデモネット規制のせいでしばらく書き込みができなくなるかと
思いますが、温故知新、ときどきこのサイトをご訪問いただき、昔の記事をみて
ああこんなこともあったなああと思いを馳せていただければいとをかし。


でわでわでわまた~~
スポンサーサイト

内容のまちがいには気をつけよう

2010/02/04 Thu [Edit]

おひさしぶりです。

いやーおもしろいもの見せてもらいました。これは某フリーペーパーの広告。別にまわしもんじゃないです。

binbouyakata.jpg

なにがおもしろいかというと。

中国語でホテルのことは「酒店」とか「賓館」とかいいます。
 「賓館」てかくんですよ。 「賓館」

この瑞金賓館は、クラシックな洋館で、サービスはどうかしらないけれどとてもよい雰囲気のホテルです。
それを 「貧館」て書いちゃさすがにまずいんでないすかね?これ。
こういった誤植による損害賠償って発生するのかな?どれくらいになるのかな?


以下余談。


続きを読む ≫

世界初、中国で漢方の新型インフル治療薬 ですって。

2009/12/18 Fri [Edit]

2009年5月に中国式新インフルエンザ予防策というネタで作文を書かせていただきまして、中国では新型インフルエンザの予防に漢方がよろしいとの通達を出したことはすでにお伝えいたしました。

本日某所からのネタ提供によりますと、「世界初、中国で漢方の新型インフル治療薬 」(ソースは日刊スポーツ)とうとう漢方での治療薬も開発してしまいました。「患者の熱が下がったり、呼吸器の症状が改善するなどの効果があった」ということだそうで。

漢方のイメージは、対処療法的・即効性と真逆の「慢性病をゆっくり治す」というのが大きく、さきに紹介したネタも、「予防」という、長期的服用を見据えたタイプのものですよね。

まあしかし、葛根湯のようにすぐ作用するものもありますし、すぐ効くよく効く!を売りにする漢方新薬!があってもおかしくありません。
中国だからな~~~。


この記事をみて、ついつい、昔家族で仲良く読んでいた喜国雅彦の「傷だらけの天使たち」にあった4コマギャグマンガを思い出しました。手元に本がない&漫画のスキャン・アップはだめよってことで、それを思い出して書いたものを↓にUP。

漢方否定するわけじゃないけどね、私が浅学ゆえかどうも即効性に疑問を持ったんで、つい。
詳しい人、レクチャーしてください。


続きを読む ≫

いったいだれが必要とするのだろう中国の「性転換手術技術管理規範」

2009/12/11 Fri [Edit]

上司に却下された通達翻訳文を掲載することを旨としてきた本ブログ。
今日はおもいっきり自主的に翻訳いたしました、たぶん日本人にはまーーーーったく関係ない通達ご紹介。

どい~ん。

《性転換手術技術管理規範(試行)》


日本では埼玉大学が性同一傷害の患者に対し手術を行ってきていることで有名ですが、逆にいうとそうそう滅多なことで手術を受けられないという事情があるようですね。
なので大半は手近で安い?タイで手術を受けてきているようです。

中国での手術は、公安局あたりで性転換許可証をもらわなければならないようで、外国人には実質門戸を閉ざしていると思われます。

よって本通達を日本語訳してどうしようと言うのだと言われても困っちゃうのです・・・。

以前中国のニュースで、「お父さん」が子持ちにもかかわらず性転換手術をしちゃったというのがありましたが、未婚条項がこの手術規範に入っているのでこういうことは今後なくなると思われます。

ではお暇な方、以下どうぞ。


衛生部弁公庁:《性転換手術技術管理規範(試行)》印刷配布に関する通知
衛弁医政発〔2009〕185号


続きを読む ≫

給与統計の対象が増えますよ!

2009/12/10 Thu [Edit]

ちょっと鮮度が落ちてしまいましたが、給与統計について。最近とんでもない方たちから見られているようなので、まじめな記事でございます。

以前このブログで「平均給与ってなにさ? 」ってネタを書きました。
かいつまんでいうと、

中国には「労働者平均給与」と「都市単位在職労働者年平均給与」ていう二つの統計があって、微妙に統計対象がちがうんだよ~~~

都市単位在職労働者年平均給与には工商業者とか、私営企業従業員は含まれてないんだよ~

それはどういうことかってと、賃金レベルがより低いといわれている両者が入っていない分、平均数値が実態からかけ離れて高くなっちゃうんだよ~

ということです。

そして来年、2009年度の統計から、都市単位在職労働者年平均給与には私営企業従業員も統計の対象として組み入れることになりました。

2008年の統計数値によりますと、都市単位在職労働者年平均給与は2万9,229元、登録登記別にみると、株式有限公司は3万5,324元の最高額で全国平均の1.21倍、次いで外商投資企業の3万2,653元、(同1.12倍)国有単位の3万1,005元(同1.06倍)。一方集団単位の賃金平均は1万8,338元で、全国平均の62.7%にしかなっていないとのこと。そして今回新たに加えられることになる私営単位従業員のそれは1万7,071元で、一番下に入ることになります。

実はこの8月くらいから被増長(成長させられた)という言葉が発生しております。年半ばに同じく統計局により公表された6万5000世帯都市住民サンプル調査で、上半期可処分所得は8856元(前年同比9.8%増)、インフレ要素を控除したら11.2%の実質成長があったとか。

でもこの金融危機で、上半期そんなに上がったとやにわに信じられません。あるブログ主は

俺みたいな「都市住民」は統計局が調べた6.5万世帯の都市住民の中にははいってなかったってこった。この6.5万世帯は普通の都市住民じゃねーや!この都市住民が「実証」したせいで俺らは統計上幸せってことになってるけど、実際は統計局に「成長させられた」だけやん!

とぷんすか。

統計局はそんな反応を受けてか受けないでかは知るよしもないのですが、実質「統計数値の下方修正」にあたる今回の私営単位従業員の統計対象への編入を決定しました。


それでこれが実際どこにどう影響するかってと、前の「平均給与ってなにさ? 」で復習してみますと、

北京みたいにすでに労働部門と統計局が統一で賃金平均をだし、さらにすでに私営単位を含んでいるところは影響ない
上海は労働部門と統計局が統一で給与平均を発表しているが、そのなかに私営単位を含んできたかどうかわかんないので、もしかしたら来年給与平均が下がるかもしんない。

が考えられます。
そうなると、上海は経済保証金や四金の上限が引き下げられるということにもなります。一部高給取りがたくさんいる企業にはこれはちょっと朗報になるかな?

上海労働部門の統計の取り方について調べきれなかったので現時点ではなんともいえませんが、毎年4月の平均給与の発表にはどういう数値を出してくるか注目しています。
Top
落ち穂拾いブログ
Next
Older Entries

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

ささきんぐ

Author:ささきんぐ
肩書きは投資指導研究員(うそ)です。
上海在住○年目となりました。会社では調べものしたり、文章を書いたり、翻訳したりしています。
執筆:近代上海人力車行業的構造他。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク(自分用)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。